南都銀行カードローン『キャッシュクイック』の審査の在籍確認は勤務先への電話連絡なし?休日キャッシングは可能?

MENU

休日キャッシングが可能?な南都銀行カードローンのキャッシュクイックは審査在籍確認で勤務先への電話連絡なしでしょうか?

奈良県に拠点を置く地方銀行の一つ、南都銀行。
その南都銀行が取り扱っているカードローンの一つがキャッシュクイックです。

 

キャッシュクイックは来店不要で契約ができるカードローンです。
電話申し込みの場合は即日融資も可能とはなっていますが、即日融資で借りたいと期待して申し込むと、思っていた以上に時間がかかる可能性が高いです。

 

その大きな理由は、審査や契約の流れが銀行の営業日である平日のみにしか機能していないからです。そのため、土曜・日曜・祝日といった休日にキャッシング用の口座を開設したいと思っても、それができません。つまり、急な出費でお金が必要になったからといっても、南都銀行カードローンキャッシュクイックですぐに借入を行うのは難しいと言えます。

 

そういう時に頼りになるのが、消費者金融のカードローンです!
その中でも特にオススメしたい2つのカードローンがあります。それは、モビットとアコムです!

 

モビットにはWEB完結申し込みと呼ばれる申し込み方法があります。こちらの申し込み方法は名前の通り、申し込みから融資までをすべてインターネット上で行うことも可能です。(※ただし、審査時に確認が必要な事項がある場合は、指定した電話番号にモビットのカードローン担当者から電話がかかってくる場合があります)

 

そして、このWEB完結申し込みの最大の特徴は、審査時に勤務先への電話連絡による在籍確認を行っていないこと、また郵送物が自宅や勤務先へ届くことがないという点にあります。
南都銀行カードローンのキャッシュクイックですと、審査時の勤務先への電話連絡は必須となっていますので、もしどうしても勤務先への電話連絡をなしにすることを希望される場合は、モビットのWEB完結申し込みを利用されることを強くオススメ致します!

 

ただし、モビットのWEB完結申し込みは、申し込み時に通常のカードローン申し込み(※こちらの申し込みですと勤務先への電話連絡が行われます)よりも多くの証明書類が必要となってきます。
その内訳は以下のようになっています。

 

・本人確認書類(運転免許証やパスポート等)
・現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票や確定申告書等)
・直近1ヶ月分の給与明細書
・健康保険証(社会保険証または国民健康保険証等)

 

必要となる証明書類の数は多いですが、これらの書類が在籍確認となるため、勤務先へ電話連絡を行われることがなくなります。
何故このようなことが可能なのかについては、在籍確認の意味と共に次回の記事で詳しく解説させていただきます。

 

また、これらの書類に加えて本人名義の三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることが申し込みの条件となります。これは、WEB完結申し込みの融資方法が銀行振込のみとなるため、モビットが指定する銀行口座の開設が必須となるからです。
カードローン用のキャッシュカード発行はされませんので、後日カードが自宅へ届くということもありません。
また、明細書も紙媒体として発行されることはありませんので、モビットのWEB完結申し込みなら郵送物の配送も完全にシャットアウトしてくれます!

 

また、アコムには在籍確認として勤務先への電話連絡がありますが、最大30日間金利をゼロ円にできるなど、お得にキャッシングを行うことが可能となっています!
更に、土日祝日の休日キャッシングにも完全対応しておりますので、休日に急な出費が必要になった時でも、即日融資が可能となっています!
もちろん、モビットのWEB完結申し込みも休日キャッシングの即日融資に対応しておりますので、大変便利です!

 

次回は、在籍確認の重要性を中心の話となっていますので、宜しければそちらの記事もご覧下さい!

 

 

 

南都銀行カードローン『キャッシュクイック』の審査と在籍確認で注意すべきことは?自動契約機でローンカード発行は可能?

前回の記事では即日融資を利用するなら、南都銀行カードローンのキャッシュクイックよりも、モビットやアコムといった消費者金融会社のカードローンがオススメであることはお伝え致しました。

 

前回の補足になりますが、キャッシュクイックは、来店せずに契約した場合後日カードローン用のキャッシュカードが自宅に郵送されることになります。
南都銀行にはアコムやモビットのように、カードローン用の自動契約機というものはありません。そのため、新規発行の場合はもちろん、再発行の場合も直接店頭に出向くかサービスセンターに電話して再発行の手続きをとらなくてはいけません。更に、1回辺り1080円の再発行手数料がかかってしまうなど、不便な点が数多くあります。

 

そういった、カード発行に関する悩みもモビットやアコムなら簡単に解決できます!
モビットのWEB完結申し込みなら銀行振込のみのカードレスのため、そもそもキャッシュカードを紛失することもありません! それに、カードや明細書といった郵送物が自宅へ届くこともありませんので、家族にカードローンを利用していることがバレるリスクを減らしてくれます!

 

また、アコムならキャッシュカードを紛失した場合でも、24時間受け付けているフリーコールですぐに利用を停止することができます!
全国にある専用自動契約機「むじんくん」で簡単に再発行の手続きが取れ即時カードを発行してくれますので、非常に便利! 再発行手数料の負担もないため、アクシデントによる余計な出費を抑えることもできます!

 

それでは次に、審査時の在籍確認について詳しく見ていきましょう。

 

まず、カードローンの審査とは一体何のために行うのでしょうか? それは、簡単に言えば借入を申し込んだ人が、借りたお金を返済できる能力があるのかを見定めるためです。
そのため、借りた本人に毎月安定してお金を得る方法かあるかどうかを調べることは、カードローンを取り扱う金融機関にとって非常に重要な意味を持ちます。

 

特に消費者金融会社の場合は、借入申し込み者の年収の3分の1以上のお金は貸せないよう法律で義務付けられましたので、申し込み者の年収を調べることが必須となりました。
銀行はこの法律の対象外ですが、申し込み者に返済能力があるかを調べる重要性は消費者金融と変わりません。

 

そこで多くの金融機関が利用しているのが勤務先への在籍確認です。
これにより、申し込み者が虚偽の申請をしていないか、安定した収入先はあるかといったことが一度に分かります。更に、電話連絡のみのため、担当者の素性が会社の人にバレることもなく、直接出向く手間も省けるなどのメリットも生まれます。

 

ただし、在籍確認には注意すべき点があります。
それは、絶対に虚偽の申告をしないということです。

 

勤務先についての情報を誤魔化していると、審査途中や在籍確認時にほぼ100%嘘がバレます。
嘘はカードローン申し込みでは絶対にしてはいけないことですので、間違っても虚偽の勤務先を伝える・年収を申告するといったことはお辞め下さい。

 

基本的に、カードローンの担当者はまず必ず個人名のみを名乗り、金融機関名やカードローンに関する電話であることを伝えることは一切ありません。なので、最初に申し込み者本人が電話に出られなくても大丈夫です。

 

また、本人が電話に出られない場合でも在籍確認は認められることが多いです。その理由は、「不在」「出張中」といった言葉からも、勤務先に在籍していることが分かるからです。その点に関しては、担当者もプロですので聞き逃すことはありません。

 

ただし、勤務先の人にとっては知らない人からの電話なので不審がられる可能性は僅かながらにでもあります。
この在籍確認の電話でカードローンに申し込んだことがバレる可能性は低いですが、その可能性をゼロにしたいということであれば、モビットのWEB完結申し込みがオススメです!

 

モビットのWEB完結申し込みは、カードローン業界で唯一勤務先への電話連絡なしで在籍確認を行ってくれるカードローンとなっています!
ただし、在籍確認が省かれるというわけではなく、代わりに勤務先に勤めていることを証明する書類を集めなくてはならないため、人によっては申し込みが難しいカードローンでもあるという点はご注意下さい。

 

また、アコムは勤務先への在籍確認の電話連絡を行っていますが、その分最大30日間金利ゼロ円になるサービスを行っていますので、キャッシングをしても安く借りたい! という場合にはオススメのカードローンです!