バンクイック電話連絡は職場にくる?お金借りる機会に知っておくべき知識

MENU

バンクイック利用の際に職場に電話連絡はあるの?他のカードローンではどうなの?

バンクイック:職場への電話連絡はありますが、個人情報の扱いに慎重なので会社バレはありません!
レイク:専業主婦の場合、配偶者に借り入れの連絡がいかないので内緒で借りれます♪
プロミス:担当者に相談をすれば、職場への電話連絡がなしの可能性も!
モビット:WEB完結申込みならば、職場への電話連絡なし、郵送物もなし!

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

  • 在籍確認の電話連絡はありますが職場バレなし!
  • ※銀行なので定期預金や投資信託、クレジットカードなども扱うためカードローンの利用だとバレない!

  • 実質年利4.6〜14.6%
  • 上限金利が安いので低額融資でも低金利で借入れ可能
  • 即日融資も対応
  • 最高500万円まで融資可能
  • パートでもアルバイトでも利用できる

バンクイックの公式ホームページはこちら→http://www.bk.mufg.jp/

新生銀行カードローン レイク

SIMガール
  • 実質年利4.5%〜18.0%
  • 初回ならば、2つの無利息キャッシングが選べる
  • 1、最大30日間の無利息キャッシング
    2、5万円まで180日間無利息キャッシング

  • 最高500万円まで融資可能
  • 即日融資も対応、最短40分のカード発行!
  • 平日14時までに申込みと必要書類の確認ができれば即日の振込融資ができる可能性アリ!
  • 自動契約機なら平日の夜や土日・祝日など休日もお金を借りれる
  • セブン銀行、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなど提携ATMの手数料が無料!
  • 主婦、学生でも、パート、アルバイトで安定した収入がある場合は申込み可能です

新生銀行カードローン レイクの公式ホームページはこちら→http://lake.jp/

プロミス

200*200
  • 実質年利4.5%〜17.8%
  • 最高500万円まで融資可能
  • 即日融資も対応
  • 平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
  • 14時過ぎても、ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機にいけば借りれます
  • 土日祝日も、ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りれます
  • 三井住友銀行(SMBC)ローン契約機でも契約できます
  • 主婦、学生でも、パート、アルバイトで安定した収入がある場合は申込み可能です

プロミスの公式ホームページはこちら→http://cyber.promise.co.jp/Pcmain

モビット

お二人 200x200
  • モビットのWEB完結申込みを利用すれば電話連絡なし・郵送物もありません
  • 内緒でお金を借りたい方にお勧めです
  • 実質年利3.0%〜18.0%
  • 最高800万円まで融資可能です
  • 即日融資も対応しています
  • 安定収入ある方なら主婦や学生さんも申込み可能です

※即日振込には14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
モビットの公式ホームページはこちら→http://www.mobit.ne.jp/

 

 

 

 

 

利用するなら、消費者金融キャッシング?銀行カードローン?

お金を借りるのに、利用するなら消費者金融系のキャッシングと銀行系のカードローンのどちらがよいのでしょうか。その答えは、その人それぞれになるのです。

 

なぜかというと、何を重視してお金を借りるかによって何を基準にキャッシング先を選ぶかが異なるからです。選択肢の参考となるように、消費者金融の低金利キャッシングの特徴と銀行の低金利キャッシングの特徴をまとめてみました。

 

消費者金融キャッシングの最大のメリットは、利便性の高さとスピード感です。いまや、来店して対面式で申込みをしてお金お借りるようなことはありません。しっかりとプライバシーのことが考えられていて、誰にも会うことなく人目を気にすることなくお金を借入できるようになりました。

 

携帯やスマホ、パソコンからウェブ申し込みをし、手続きもネット上で完結するものもあります。24時間365日申込みができるので、忙しい現代人にとってはとても使い勝手のよいものになっています。手続きにおいても、非常にスピード感があり、スピード審査回答が可能で、即日お金を引き出すことができます。たいていところは14時頃までに手続きが完了していれば、すぐ指定口座にお金を振り込ん でもらえます。

 

即日でお金を借りる事を希望される方は、消費者金融で低金利キャッシング審査を選択するのがよいでしょう。

 

消費者金融キャッシングにはデメリットとなるような部分もあります。総量規制という法律で管理されているので、年収の3分の1以下の額までしか借入ができないと定められています。多くの人は大口の融資希望ではないので問題にはならないのですが、まとまった額を借りたいと考えている人は要注意です。

 

利便性が非常に高い分、銀行カードローンに比べると多少金利が高めに設定されています。その分審査においては銀行よりも厳しくないというメリットもあります。審査には自信がない・・・という人にとっては消費者金融キャッシングがよいかもしれませんね。

 

金利は低いのですが、好条件で利用するためには審査に通らなければ行けません。審査基準においては、消費者金融よりもハードルが高くなってきます。その点さえクリアしてしまえば、とにかく低金利にこだわる方にはおすすめです。

 

大きな融資を希望している方も銀行カードローンの方が向いているでしょう。おまとめローンは、まとまった金額が可能で低金利という条件が必要なので、希望している人は銀行カードローンから検討してみるのがよいと思います。

 

銀行のデメリットはというと、スピード感に欠けていることです。その日にお金を受け取れるところは限られており、さらに条件も厳しくなってきます。そこまでの急ぎでない場合には気にならない問題かもしれません。

低金利キャッシングの審査

低金利のところでお金を借りたいと考えていても、審査に通過しなければ不可能です。どこのキャッシング会社で申込みをしても、必ず審査が行われます。なぜ審査をするのかというと、貸したお金が確実に返ってくるのかどうかを判断するためです。

 

住宅ローンなどと違って、担保や保証人を立てることがありません。下手すると、貸し倒れに会ってしまうリスクもあります。そのリスクを軽減するために、キャッシング会社独自の基準によって審査を行っています。利用者からのウソの申告がないかどうかを確かめるために、審査の際には信用情報機関に問い合わせをしています。

 

信用情報機関というのは、消費者金融会社、銀行系、カード会社、保証会社、金融機関などの業種が加盟していて、加盟社と消費者との取引き内容を管理しています。そこに問い合わせをして、過去の金融取 引の上でのトラブルや返済遅延などの過去がないかなどを確かめます。過去に債務整理などの金融トラブルが発覚した場合には、審査に通らないでしょう。ブラックリストに載っている場合には、審査には不利です。

 

審査に通りたいからといって過去のトラブルを隠していても、絶対にバレてしまいます。必ず正直に申告をするようにしましょう。

 

消費者金融キャッシング会社と銀行カードローンの審査に違いについてご説明していきましょう。

 

消費者金融キャッシング会社の審査では、審査基準のハードルが銀行よりも低めになっています。理由としては、できるだけ多くの人に利用してもらいためです。他からの借り入れがあったとしても、審査には通ることもあります。審査基準を銀行よりも下げている分、銀行よりも貸し倒れ被害にあうリスクもあります。

 

万が一貸し倒れが起こってしまっても会社が成り立つように、銀行カードローンよりも金利が上乗せされているというワケです。多少のリスクも見越して金利を取っているために、普通に安定した収入があればパートやアルバイトでも融資をしてくれるのです。

 

一方の銀行カードローンの審査では、消費者金融キャッシングよりも審査ハードルが高くなっています。理由としては、確実に返済をしてくれる保証のあるような人にしかお金を貸さないようにしているからです。銀行カードローンでは、信頼できる顧客にだけお金を貸し出すようにしているので、貸し倒れによるリスクを頭に入れていないということです。

 

そのために金利を低くしても成り立つというわけなのです。銀行カードローンの場合には、収入、勤務先を中心とした他の個人情報をしっかりと見極めていきますが、他社からの借入が複数あるような場合には審査は厳しいでしょう。

 

このように、それぞれに理由があって金利や審査基準について定められているのです。

銀行・消費者金融からお金を借りるためのポイント

消費者金融キャッシングや銀行カードローンでお金を借りるためには、色々なことに気を付けなければいけません。上記ランキングでご紹介しているキャッシングサービスは、全て低金利で安心して利用ができるところをピックアップしています。

 

低金利であれば、返済が始まった時に毎月の負担が軽減されるために、とても有効なサービスです。ただ、低金利だからといってお金を借りすぎてしまうと結果的に負担が重くなってしまうものです。お金を借りる際には、必要最低限の額で利用するようにしましょう。

 

計画性のない使い過ぎにならないように気をつけましょう。利用額が大きければ、審査においてもハードルが上がってしまいます。審査を少しでも有利にするためにも、額が少ないに越したことはありません。その点でも、必要最低限の額での借入を心がけることが大切です。

 

お金を借りる際の手続きでは、インターネットからの申込み方法が便利です。ウェブ上で手続きのやり取りができるために、時間短縮が可能でよりスムーズな手続きが行えます。申込書や必要書類などをメールで送信し、返信を待ってというように、メールなどでほとんどのやり取りができます。ただし、業者によっては電話による確認が行われるので、手続きをしている最中は電話に出れるようにしておきましょう。特に急ぎでお金が借りたいという人は、必ず電話には出れる環境にいるようにしましょう。

 

モビットのように、電話連絡がない、郵送物がないというところもあります。電話による連絡がくるのはちょっと・・・郵送物が入ってくるのは都合悪い・・・という人にはおすすめです。会社や家族にバレる可能性が低くなるので、より安心して利用できます。

 

申込書の記載に不備があったり提出書類に不備があると、確認作業で余計な時間が発生してしまいます。即日融資を希望している際には、タイムリミットまでに手続きを完了している必要があるので、大きなロスになってしまい時間に間に合わなかった・・・なんという悲しい結果になってしまうこともあります。必ず、提出物には丁寧に対応するようにしてください。提出したものによって審査が行われます。履歴書を提出するような気持ちで心がけておくとよいですよ。

 

返済時には、遅延しないように気をつけましょう。借りたお金は返すべきものです。借りたお金を自分の貯金と勘違いをしてしまう人がまれにいます。返済を怠ってしまうと、社会的にペナルティを受けます。その後、クレジットカードが作れなくなってしまったり、もちろんお金を借りることができなくなってしまいます。

 

絶対に止めましょう。事情があって返済が遅れてしまうような場合には、事前に相談をしてみるとよいでしょう。多少相談に応じてくれることがありますよ。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』電話連絡が職場にくるというのは本当なの?

借り入れをする際に、自分に職場に電話連絡がくる、というのは精神的にキツいという方もいらっしゃいますよね。

 

結論から言えば、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の借り入れは職場に電話連絡があるのですが、これについては、心配な人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜ、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査の際に、職場に電話連絡があるのかというと、これは在籍確認といって、顧客の返済能力を確かめるために、申告した会社に在籍していることを調べておく必要があるからです。

 

確かに、職場にきちんと在籍しておらず、顧客が無職だと偽っていた場合は、返済能力が顧客にないことになるので、お金を貸してもきちんと返済してもらえない可能性があるんですよね。

 

だから、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』だけでなく、どの銀行カードローンも消費者金融のカードローンも、審査の際には職場の電話連絡が必要となります。

 

ただし、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の場合、仮に職場に電話連絡がきたとしても、三菱東京UFJ銀行はカードローン『バンクイック』だけでなく、投資信託や保険商品、定期預金にクレジットカードといろいろ扱っていますので、職場に電話で確認されたからといって、それで職場にお金を借りることがバレるようなことはないでしょう。

 

>>バンクイックの詳細はコチラ<<

 

ただし、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用を考えていたけれど、職場にどうしても電話連絡をしないで欲しい、という方もいらっしゃるでしょう。

 

職場に電話連絡をされてしまうと、同僚や上司にお金を借りることがバレてしまう可能性がある人は、いかに審査のためとはいえ、電話連絡をされてしまうのは得策とは言えません。

 

たとえば、職場の同僚や上司にお金がないことを仄めかしていたり、お金を借りてまだ返していなかったり、お金に困っていることを知られている場合、その顧客宛てに会社へ電話連絡があったら、一発でキャッシングをすることがバレてしまうのではないでしょうか。

 

このような事態に陥って、職場の人間と気まずくなったり、職場の居心地が悪くなったりするのはつまらないですよね。

 

もし、職場に電話連絡をして欲しくないのなら、消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドであるプロミスは非常におすすめです。

 

プロミスは、職場へ電話連絡をして欲しくない場合、webの申込みで、会社への電話連絡ではなく、書類による在籍確認をしてもらうことも可能です。

 

プロミスは、職場の名前が記載された保険証の写しか、直近1か月分の給与明細書の写しを提出することで、審査の際に電話連絡がなしとなりますよ。

 

なので、どうしても職場に電話連絡があって、会社の同僚や上司、後輩などの面々にお金に困っていることを知られる危険性を1%でもおかしたくないという人は、プロミスの利用をおすすめします。

 

>>プロミスの詳細はコチラ<<

 

プロミスは、職場への電話連絡をなしにできる稀有なキャッシング業者です。

 

銀行カードローンの場合は、原則、顧客の職場への電話連絡は避けることができませんので、このような融通の利かない審査では困るという方は、プロミスにお願いした方が良いかもしれませんね。

 

プロミスは、職場への電話連絡をなしにすることができるだけでなく、カードレスのキャッシング契約を結ぶこともでき、カードレスで契約をすれば、職場や自宅にローンカードと契約書類が郵送されてくるような危険性もありません。

 

借り入れのプライバシーを絶対に守って欲しいという人は、プロミスのキャッシングサービスはうってつけのサービスです。

 

>>プロミスの詳細はコチラ<<

 

 

職場に電話連絡があった場合、聞かれる内容は?

 

上記でも解説しましたように、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は皆様の審査を行う際に在籍確認を行います。

 

そして、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は電話連絡で在籍確認を行いますが、その電話の内容が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

もし、皆様が不安を感じているのでしたらご安心ください、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の在籍確認の電話連絡は簡単な連絡となっております。

 

電話では皆様が在籍しているかではなく、「Aさん(利用者名)はいらっしゃいますか?」といったシンプルな質問となっております。

 

その場で職場の人が「Aは只今外出しております」といったように、不在でも「Aさん」が職場に在籍していることがわかった時点で確認は完了するのです。

 

そのため、職場に電話連絡があったとしても、皆様が三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用していることはバレないので、ご安心ください。

 

簡単な電話内容となっておりますので、在籍確認にかかる時間も数分となっており、バンクイックは銀行カードローンながら審査時間が最短30分となっており、即日融資しやすくなっております。

 

>>バンクイックの詳細はコチラ<<

 

ただ、どうしても電話連絡が不安というのでしたら、消費者金融モビットのご利用もオススメです。

 

モビットにはWEB完結申し込みという、全ての契約手続きをWEB上の簡単な操作で完了させるというサービスがあります。

 

今時、WEB申し込みができるのなんて珍しいことではないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

実はモビットは審査の在籍確認をWEB操作で提出した書類を用いて行ってくれているのです。

 

つまり、審査からキャッシングを利用するまで、職場への電話連絡が一切なしでモビットはご利用いただけます。

 

在籍確認を電話連絡ではなく書類確認で行ってくれるため、電話連絡を気にすることなく快適に利用することが出来るのです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も安心して利用できるのですが、それでも不安な方は消費者金融モビットの利用もぜひご検討ください。

 

 

バンクイックは仮審査と本審査、どちらで電話連絡があるの?

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』に限らず、キャッシング会社は審査の内容までは公表しておりません。

 

そのため、バンクイックが仮審査・本審査と明確に分けて審査を行っているかは本当のところは不明なのです。

 

ですが、在籍確認というのは申込者が申し込みの際に提出した書類に記載されている職場の情報が正しいかを確認するための作業となります。

 

つまり、順序立てて考えれば「書類確認→在籍確認の電話連絡」ということになるでしょう。

 

書類確認を仮審査とするならば、在籍確認の電話連絡は本審査で行われると考えておけば大丈夫です。

 

ただ、バンクイックの審査時間は最短30分ですので、あまりどのタイミングで電話連絡があるかを気にしなくても問題ありません。

 

申し込んでから比較的早い段階で電話連絡が行われて、即日融資が可能になるというイメージを持っておいてください。

▼参考サイト